魚・魚そうざい・そうざい・数の子・寿司種・魚河岸・築地・水産会社・仲野水産

株式会社 仲野水産

株式会社 仲野水産

NAKANOSUISAN

本社:東京都中央区築地7-16-3
TEL:03-3543-7825 FAX:03-3543-7824
営業所:東京都中央区築地7-12-7 築地F.T.Sビル2F
TEL:03-3543-7801(営業) TEL:03-3543-7823(経理)


トップニュース

12月20日はブリの日

師走を迎え、何かと慌ただしい日々がやってきましたね。

寒さも厳しくなってきましたので、体調を崩されませぬようお気を付けください。

さて、今月は「魚」に師走の「師」と書く魚、鰤(ブリ)のご紹介です!

12月20日は「ぶ(2)り(0=輪)」の語呂合わせからブリの日と言われています。

ブリの旬は何といっても12月から3月にかけての寒い時期になります。

回遊魚である天然ブリは、稚魚の時に餌が豊富にある北海道まで北上していきます。

脂をたっぷりと蓄えて大きく育つと、今度は産卵のために南下します。

この途中で漁獲される天然物がいわゆる「寒ブリ」です。

一般的なブリはお腹の部分に脂が乗っていますが、寒ブリは背中の部分まで脂が乗っています。そして、脂がたっぷりと乗っていながらも身が締まっているのが特徴です。

こちらは、弊社でご提案した惣菜2品です。

まずは、「気仙沼産ブリ竜田揚げの甘酢あんかけ」です。

こちらは、気仙沼産の新鮮なブリをワンフローズン加工で竜田揚げにし、甘酢のタレと一緒に。旬のブリは臭みも無くそのままでも勿論美味しいですが、色々なタレとも相性抜群です!夕食のおかずに、おつまみにご好評を頂いております。

次にご紹介するのが『気仙沼産ブリ竜田揚げと愛媛県産ブリご飯のブリ尽くし弁当』です。

こちらは、気仙沼と愛媛のブリを贅沢に使い、竜田揚げとブリご飯の二種を食べ比べて頂ける欲張りなお弁当です!

=====

弊社では日本中のスーパー様へ魚惣菜の商品企画、開発を行っております。

ご質問などございましたら電話、もしくはこちらより承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせ下さい。

株式会社 仲野水産

03-3543-7801


2020.12.11 | トップニュース ,社員活動報告一覧へ


このページの先頭へ
Copyright(C) 株式会社 仲野水産. All Rights Reserved.