魚・魚そうざい・そうざい・数の子・寿司種・魚河岸・築地・水産会社・仲野水産

株式会社 仲野水産

株式会社 仲野水産

NAKANOSUISAN

本社:東京都中央区築地7-16-3
TEL:03-3543-7825 FAX:03-3543-7824
営業所:東京都中央区築地7-12-7 築地F.T.Sビル2F
TEL:03-3543-7801(営業) TEL:03-3543-7823(経理)


社員活動報告

現在の採用情報

2017.01.18

現在、下記の職種の募集を行っております。

職種:企画営業 
日本近海で獲れた旬の魚を使った新メニューを企画提案する仕事です。

詳しくは、こちらのページをご覧くださり、少しでもご興味ございましたらご応募ボタンを押してくださいませ。

後ほど担当者よりご連絡をさせていただきます。


新年あけましておめでとうございます。

2017.01.04

昨年中は皆様には格別のご愛顧いただき、誠にありがとうございました。
社員一同、深くお礼を申し上げます。

本年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げます。

新年は5日より業務開始をさせて頂きます。

その間に頂きましたメール等につきましては、
5日より順次返信させて頂きます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社 仲野水産
社員一同


ぶりの西京焼き

2016.11.20

こんにちは!

日々寒さが増してきましたね~。
さて、今日は旬のブリを使った商品のご紹介です。

ブリの旬は産卵期前で脂が乗る冬とされており、日本ではこの時期のブリを特に「寒ブリ」と呼びます。

寒ブリは同属種のカンパチやヒラマサよりも脂肪が多く、独特の風味があります。

料理法は幅広く、刺身、カルパッチョ、たたき、寿司、ブリシャブ(しゃぶしゃぶ)、 味噌漬け、焼き魚(照り焼き、塩焼き)、煮魚(ぶり大根)等で食べられますね~。私は刺身も好きです。

写真は弊社からご提供させていただいているブリの西京焼きです。

burisaikyo

ブリは、出世魚で縁起が良いこともあり、西日本では御節料理に欠かせない食材とされています。
福岡県では雑煮の具としても用いられている。
また、特に富山県や石川県では、かぶら寿司の食材として使用されることもあります。

このように用途もたくさん、日本中で愛されている魚といえます♪

ブリは日本各地で水揚げされており、北海道~鹿児島まで取扱いがございます。

お客様からのご要望により、ご提案させていただくメニューにより「天然ブリ」、「養殖ブリ」このどちらを使用するか産地も併せてご提案させていただいております。

一般的には養殖ブリの方が脂がのっているため、寿司ネタ、刺身用、焼き魚用切り身等でご提案させていただくことが多いです。
また、天然は身のしまりが良く脂も多くはないので、ブリ竜田揚げなど油調品としてご提案しております。

価格的にも天然の方が安いのですが、お客様のご満足をいただけるよう、使用用途にあわせてご案内いたしております。

   

==========================

   

弊社ではこのように、日本中のスーパー様へ魚惣菜の商品企画、開発を行っております。

 
お問い合わせ等お気軽にどうぞ!お待ちしております。
 
TEL:03-3543-7801
お問い合わせフォームはこちら

  


ハタハタの唐揚げ

2016.10.26

こんばんは!

今月ご紹介するのは、ハタハタの唐揚げです。

read_pic1025

ハタハタは、年に2回旬を迎えるのはご存知ですか?

ハタハタの旬は漁獲場所によって異なり、秋田では、
冬の産卵期前の10~11月が一番脂が乗っているとされ、
山陰地方では産卵時前の6月あたりが旬と言われております。.

他にハタハタの漁獲地として有名なのは北海道、東北日本海側もあります。

弊社で取扱いのハタハタは秋田、山陰のもので、ジューシーなハタハタを
皆様にお届けしております。

ハタハタは、塩焼き・唐揚げ・煮付け何でも合うお魚です。

弊社では日本中のスーパー様へ魚惣菜の商品企画、開発を行っております。

 
お問い合わせ等お気軽にどうぞ!お待ちしております。
 
TEL:03-3543-7801
お問い合わせフォームはこちら

  


レンジにお任せ♪タラのレンジ蒸し

2016.10.20

こんばんは!

昨日、今日と異様に暑い日中ですが、
10月も半ばを過ぎ、秋本番ですね(^^)。

さて、冬に向かいおいしい魚の一つに鱈があります。

鱈は鍋でもムニエルでもなんでも使える主婦の力強い味方です♪

今日ご紹介するのは、そんな鱈を使った超簡単レシピです。

evernote-camera-roll-20161020-214309

写真はレンジに入れる前のものです。
こんな感じに、耐熱皿にざく切りにしたキャベツを敷き、鱈を並べその上に
ベーコンやハム、6等分したミニトマト、シイタケの千切りなどをを散らして、
バター、レモン汁、ガーリックソルトで味付けをして蓋をしてレンジへ。

3分から4分加熱すれば出来上がり♪

ハムやベーコンから塩気も出るので、味付けは最低限にすることを
おすすめします。
ぜひお試しくださいませ♪


旬満喫!サクサクのさんまの竜田揚げ

2016.09.16

こんにちは!

暑かった8月も終わり、あっという間に9月も中旬を過ぎました。

日中は暑いものの、朝晩は涼しい風を感じられるようになりましたね(^^)。

さて、味覚の方では、すでに秋が旬の食べ物がたくさん出てきていますね♪

さつまいもに、栗に、なんといってもサンマ!

   

sanma-tatsuta

こちらは、ご存知、サンマの竜田揚げです。

脂ののった北海道産のサンマを使用し、下味をつけ、
サクサクの食感になるように粉にクラッカーを混ぜ込みました。
今までの竜田揚げよりも、香ばしい食感が味わえる、と好評です!

サンマは塩焼きが一般的ですが、竜田揚げもおすすめですよー。

   

北海道サンマの水揚げ状況ですが、今年は相次ぐ台風により、かなり苦戦しているようです。

『道東サンマ棒受網漁は依然、低調のまま。
漁場の遠さ、魚群の薄さという「二重苦」は解消されておらず、
盛り上がりを欠く商戦に産地や消費地の流通業者からは嘆きの声が上がっている。』(日刊水産経済新聞)

『9月7日現在の道東4港(花咲、厚岸、浜中、釧路)のサンマ累計水揚げは、
前年同期比41%減の8249トンにとどまっている。
相次ぐ台風襲来の影響もあるが、根本にあるのは「漁場の遠さと魚群の薄さ」』(漁業情報サービスセンター道東出張所)

上記の情報からもお分かりのように、価格もスーパーで並んでいる新物サンマを見ると、
前年度に比べて高いことをお感じではないでしょうか?

これから回復して、皆さんが旬のさんまをたくさん味わえますように(^^)!

   

==========================

   

さて、弊社ではこのように、日本中のスーパー様へ魚惣菜の商品企画、開発を行っております。

 
お問い合わせ等お気軽にどうぞ!お待ちしております。
 
TEL:03-3543-7801
お問い合わせフォームはこちら

  


こだわりのアジフライ

2016.08.17

暑い毎日が続いておりますが、皆さまお変わりございませんでしょうか?

さて、本日は、弊社こだわりのアジフライをご紹介いたします。

2016.08ajifurai

※揚げたてサクサクの写真です♪

こちらは、日本一位の水揚げ高を誇る長崎県産のアジを使っております。

長崎漁港

また弊社のアジフライは、冷凍のものでなく、漁獲したばかりの生原料を使用しています。

一般的に流通しているアジフライは、
冷凍アジ→解凍→開き加工→パッキング→冷凍の過程を経ています。

しかし、弊社で提案させて頂いているものは、
生アジ→開き加工→パッキング→冷凍 と美味しさを生のまま閉じ込めたフライになります。

最終的には凍結致しますが、通常流通しているアジフライよりも
1回凍結が少なくなっております。

1回凍結が少ないだけで何か変わるのか?
誰が食べても分かるくらいに味に違いがでます。

凍結回数が増える程、魚の細胞が壊れドリップ(水分)が出てしまい、それとともに旨みも減ってしまうのです。

現在、凍結技術もかなり進んでいますが、それでも差が出ます。

身のふっくら感・ジューシー感・旨みが全く違います!!

アジはご存知、夏が旬の魚です。
旬のものを美味しく食べて夏を乗り切ってくださいね!

☆☆☆☆☆☆☆

   
弊社ではこのように、日本中のスーパー様へ魚惣菜の商品企画、開発を行っております。

 
お問い合わせ等お気軽にどうぞ!
 
TEL:03-3543-7801
お問い合わせフォームはこちら

  


夏休みのお知らせ

2016.08.11

いつも格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。

さて、弊社では、下記の期間の夏休みを頂きます。

8月13日(金)~8月15日(月)

期間中に頂いたメールにつきましては、16日(火)以降のお返事とさせて頂きますので
何卒よろしくお願いいたします。

暑さ厳しき折、くれぐれもご自愛くださいませ。

駿河湾


瀬戸内産マダコを使った「たこ飯」です。

2016.07.21

こんにちは!

今年の半夏生は7月4日でしたが、皆さまはタコを召し上がりましたか?

半夏生とは、梅雨の末期で、半夏(烏柄杓<カラスビシャク>)という毒草が生える
多湿で不順な頃とされています。

農家の人達はこの日までに田植えを済ませ、どんなに気候不順な年でも
この後は田植えをしないという習慣があり、地域によっては、タコを食べる習慣があります。
田に植えた苗が、タコの足のようにしっかりと根付くようにとの願いを込めたものらしいです。

ということで!弊社開発の『たこ飯』が昨年に続き、全国のスーパー様で好評販売中です!

2016.07takomeshi

こちらは、瀬戸内産のタコを使用しています。
タコの中でも特に足(腕)が太い「マダコ」。瀬戸内海で獲れるものは「立って歩く」と言われる
ほど、足が太く身がしまっているのが特徴です。また瀬戸内産マダコは、ワタリガニやエビなど
を食べているため身がほのかに甘く、プリプリコリコリとした歯ごたえと共に楽しめます。

マダコは年中獲れますが、特に夏から秋にかけてが最盛期。
良質なタンパク質を持ち、タウリンが豊富なため、疲労回復に効果があるとも言われいます。
かつては、タコの煮汁から心臓病の薬が作られたとか。
じめじめして体調崩しやすいこの時期、美味しく栄養を摂って乗り切りましょう!

また、キムチとわかめとさっと和えたタコキムチも美味しいですよ~!

IMG_5869

他にも、タコのレシピはじめ、色々な簡単にお試し頂ける魚料理のレシピはこちらから!

   
弊社ではこのように、日本中のスーパー様へ魚惣菜の商品企画、開発を行っております。

 
お問い合わせ等お気軽にどうぞ!
 
TEL:03-3543-7801
お問い合わせフォームはこちら

  


いわしの酢〆寿司

2016.06.22

おはようございます!

梅雨らしいはっきりしない天気が続いていますね。
こんな時は体調を崩しがち。
元気になる食べ物を摂って乗り切ってくださいね^_^。

さて、本日ご紹介する弊社開発のお惣菜です。

【いわし酢〆寿司】

image

日本有数のいわしの水揚げ地、銚子のいわしを酢〆にし、寿司に致しました。

この時期のいわしは「入梅いわし」「梅雨いわし」と言われ、その脂の乗りは舌でとろけるほど!
この6〜7月しか出会えないいわしなのです。

酢〆で使用している調味酢もいわしに合うように、独自にブレンドしたこだわりのものを使用しております。

現在、スーパー様などで大変ご好評を頂いています。

酢は、疲労回復に大変有効と言われています。ぜひ、日々の生活に取り入れて元気にお過ごしくださいませ。

================

弊社では日本中のスーパー様へ魚惣菜の商品企画、開発を行っております。
お客様のご要望に沿えるよう、社員一同全力でお手伝いさせて頂きます。

 
お問い合わせは、お電話でも、お問い合わせフォームからでも、お気軽にどうぞ!
 
TEL:03-3543-7801
お問い合わせフォームはこちら



このページの先頭へ
Copyright(C) 株式会社 仲野水産. All Rights Reserved.